わたしの育児の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての出産

私が通っていた産婦人科では、臨月に入ると胎動チェック表なるものがありまして、一日一回身体を横にしてどれくらいの間隔で赤ちゃんが蹴るか、というのをチェックしていました。間隔が30分空くと病院に電話をするというシステムです。

予定日の10日位前、夜中にトイレで目が覚め用を足し、お布団に戻り横になりました。いつもの癖でお腹をすりすり。この頃はあまり寝付けなかったのか胎動がないことに気づきます。というより、一度蹴ってから30分たっても1時間たっても胎動がありません。そして2時間、ようやく蹴りました。しかし、どうも動きが悪い。いつもなら、特に夜中は動きが活発なのにずいぶん静かだな・・・。ちょっとドキドキしながら朝方、産婦人科に電話しました。

「胎動の間隔が2時間あいたんですが・・・」

心配なので診てもらうことにしました。

いつものモニター室に入り、赤ちゃんの動きを調べることに。
すると、元気に「ドクドクドク」と心音が聞こえました。よかったー生きてる(涙)
でも、やっぱり動きはあまりよくないようで

助産師さん「赤ちゃんあんまり動かないね。寝てるのかな?」

なんて言われながら、担当の先生はこの日はお休みだったので別の先生に診てもらいました。

やはり先生が診るときもあまり動きません。

先生「お昼前でお腹でも空いてるんじゃない?お昼前はあまり動かないよ」

と。

でも私は、いつもお昼前はけっこう動くんだけどな、と思いながら。そんなに心配いらないよ、ということで
とりあえず帰りました。


そして、その三日後の夜中に陣痛がきました。
最初は生理のときに感じる腰の鈍痛。それが等間隔にくる。そしてだんだんとお腹も痛みだしました。
この時は10分から15分くらいの間隔でしょうか。初めてだったせいか微弱の陣痛でも気になって寝れず、
夜中の1時頃から起きっぱなしでした。
やっと朝になり病院に電話をすると、入院の準備をしてきてください。と言われました。
あらかじめ準備しておいた入院セットの入ったバッグを車に乗せて、母と病院へ向かいます。
その間も陣痛はきていますが、まだまだ我慢できる痛さですね。

病院へ着いて、担当の先生が診察してくれました。

先生「子宮口はまだ1㎝しか開いてないけど、赤ちゃんは下におりてきているのでこのまま入院しましょう。」

そして、陣痛室に案内され、用意された入院服(?)に着替えました。
お昼ご飯も出てきて、しっかり食べて出産に備えます。

ちょっとうる覚えですが、3,4時間おきに子宮口を調べました。でもなかなか1㎝からひろがりません。

助産師さん「今日はないかもね~。しっかり休んで出産に備えましょ。」

と言われました。

助産師さんはそういうものの、痛みはどんどん強くなっていくんですよね。
しかも、赤ちゃんの動きをチェックしたいからということで、モニターをつけたままにするので動けないし。

夜になっても子宮口はまだ1㎝しか開いていません。
気分転換にお風呂に入ってきたらと言われ、痛いのを我慢しつつなんとかお風呂に入りました。
確かに、さっぱりして気分転換にはなりました。

19時半頃、看護師をしている妹が見舞いに来てくれました。
ちょうどその頃、壁一枚挟んで、別の陣痛室に妊婦さんがやってきました。
だいぶ陣痛があるようでうめき声が聞こえます。しばらくすると、なんとも言えない声が聞こえて
「オギャー!!」と赤ちゃんが産まれました。

私は、赤ちゃんが産まれたことよりも、妊婦さんの声にびびってしまい、さらに陣痛が痛く感じたように思います。
妹もそんな私を察したのか、次の日仕事があるにもかかわらず、痛がっている私を一人にできず一晩中付き添ってくれました。
そんな妹に助産師さんは

「ご家族の方は帰ってもいいですよ。まだまだ産まれませんからね。ご家族の方も明日に備えて今日は寝ておいたほうがいいですよ」

って。
妹は「はい。はい。」と言って痛がる私の腰を一晩中さすってくれました。
今思い出しても、妹なしではこの夜を乗り切れたかどうか。助産師さんがずっと付き添ってくれてるわけじゃないですからね。本当に妹には感謝です。ちなみに、妹は朝そのまま職場にいきました。

子宮口はというと・・・ようやく2cm?診てもらって「まだまだだね」と言われる度にがっくりです。
もう結構な痛さですから!

あんまり開かないので促進剤を打つことになりました。
その名の通り、陣痛を促進するので、痛みは増すは間隔は短くなるわでそりゃもう大変ですよ。
それなのに、それなのに、まだまだ開きません。

すると今度は、痛み過ぎるから?ということで無痛分娩を勧められました。
説明を聞いたときは、みんなこの痛みに耐えて産んでるのに無痛にしたら私根性なしじゃん(涙)
でも、勧めるくらいだからちゃんと理由があるんだよね。と理解してお願いしました。
この時初めて無痛分娩の意味を知ったのですが、無痛といっても実際に産む時には痛みがある人は多いみたいですね。
私も無痛にしたけれど、麻酔がだんだんと切れ始め、突然また陣痛の痛みがきたのでびっくりと痛いので大変でした。
そして、無痛にしたにもかかわらず子宮口はやっと3㎝というところです。

すると、モニターを見てなにやら周りがバタバタし始めました。
助産師さんが先生を呼んだり、話をしたり、この時の私は陣痛の痛みと、ほぼ、丸一日以上寝ていませんから体力も消耗されて意識はモウロウとしてます。

そんな私の頭の先で先生が

「赤ちゃんの動きがあまりよくないので帝王切開しましょう」

というではありませんか!
え、ちょっとまってーーーー、動きがよくないってどういうこと!?と思いながらも身体はぐったり意識はモウロウとしてますから

『もういいです。帝王切開でもなんでも早く赤ちゃんを出してください!』

という気持ちでした(汗)

それから、帝王切開と決まったとたんの助産師さんと看護師さんの手際のよさったらありませんね。
あれよあれよという間に、手術室に運ばれました。
手術なんて盲腸以来ですし、心の準備もできてないし、当然、自然分娩だと思っていたからマタニティの雑誌買っても帝王切開のページは飛ばしてたし・・・。
なんだか怖くなって、身体が震えました。そこに居た誰かに

「怖いので手を握っててもらえませんか」

というと、快く握ってくれました。
部分麻酔なので意識はちゃんとあります。切られてる感じ、お腹を揺らして赤ちゃんを出す感じ、そして

「オギャー!オギャー!」

と大きな泣き声で我が子が産まれたのでした。生きてた!生きてた~~!(涙)



↓軽いし、コンパクトに折り畳めるし病院の入院セットを入れるのに重宝しました!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。